プライベート名刺は自由である

プライベート用の名刺は、自由です。どんな文字であろうと、何を記そうと、素材や形さえも自由です。大きさも気にする必要はありません。切手サイズであろうと、新聞紙の大きさであろうと、それは本人の自由なのです。では自由であるのならばなにをやってもいいかというと、答えは「良い」です。まさに自由の発想のまま、好きにやっていいのです。

男性プライベートの名刺というのは、まさに自由であり「お好きにどうぞ」の世界なのですが、自由というものをはき違えてはいけません。自由に思うがままに生きている人をみて、その生き方に憧れる人はいます。ですが実際にその生活をやってみようという人はほとんどいません。その理由は恐怖です。現在就職して働いている人のほとんどは、不自由さを感じ自由な生活に憧れるでしょう。ですが仕事を辞め、その生活ができるかということ答えはNOです。自由な生活というのは生活ができるか分かりませんし、将来の保障はありません。現在のしがらみや仕事の面倒からは抜け出したいが、生活できなくなる怖さがあるからやらないのです。

そして完全な自由というのは、ある一定のルール以上に縛りがあります。それはどこまでやっていいのかという枠すらないということです。限られた自由というのは、枠内での自由でありそれをはみ出すことはできません。ですが完全なる自由はその枠を超えていい、枠の概念がない世界なのです。そうなってしまうと発想すらことすら困難になってしまいます。そのため自分なりの枠組みを決めないといけないのです。ではプライベート名刺の枠というのは、どのようなものでしょうか?次の項からは名刺の枠というものに語っていきたいと思います。

関連情報…https://www.designmeishi.net/
プライベート名刺作成もしている"デザイン名刺.net”です。

 

名刺を使った印象に残る営業

名刺は私たちのビジネスは欠かせませんが、日本の場合はどうもその作法というものがいろいろ厳しいようですね。誰から渡すかとか何処に置くとか、相手が名刺をしまったら、自分もしまうとかですが外国ではほとんどがメールで済ませるそうで東洋だけが名刺を重視しているようですね。日本ではビジネスマンの服装でもスーツと決まっていますし名刺もそのひとつなのでしょう。私などは名刺もいろいろな形があっていいと思います。型にはめるのではなくて、自由な感じのものですね。カラフルだとか意表をつくものだとかの方が受け取っても印象に残りますし、何よりも楽しいです。

私も会社の経営をしていた時は、たくさんの名刺をもらいましたが、どれも同じようなもので、数百枚かに一枚ぐらい面白いものがありました。そのような時は私も注目しましたし、関連の商品を購入する時はそこから買いました。例えば紙ではなくて、木目のある本物の木で出来た名刺などもありましたが、一枚が結構高いものでしょう。そうすると紙の物より重みがありますね。また重要に見られているという感覚にもなります。やはりビジネスはそのような意識を引くアイテムも使わないと難しい世界でもありますね。

 

独自ドメインで個性を演出。

インターネットを利用していると、いろいろなドメインに出会います。いまではウェブサイトへの導線は検索サイトから始まることが一般的なのでアドレスを手入力する機会は少ないですが、それでも検索結果が表示された時は自然と目が行くものですし、ブラウザのアドレスバーに表示されるアドレスを見て、ここがトップページなのかどうかと判断することも多いです。

そんな時、ひと目で理解し難いようなドメインや、ページの内容とどう関係があるのか理解しにくいドメインに違和感を覚えることもたまにあります。自分のブログや企業のウェブサイトでも同様に、ある程度ドメインに対する注目度は高いと思います。無料サービスなどでは自由にドメインを選べませんが、独自ドメインを利用すれば好きなドメインを使うことが出来ますので、利用することをおすすめします。私も独自ドメインが利用できるブログサービスを使って毎日記事を書いています。名刺にもアドレスを載せていますが、これについてよく話題になり、会話のきっかけになることも多いです。ブログの内容や商品、サービスを連想させるようなドメインを見つけられれば個性の演出につながると思います。