大きさ

自由を強調してきましたが、自由というのは相手がどのように受け取るのか、そしてどう考えるのか、それさえも自由です。たとえ相手がその名刺を受取って迷惑に思い嫌われようと、機嫌を損ねようとそれさえも自由ということです。自由な発想というのは、相手からどのように思われようとそれを覚悟(もしくは気にしない)しておかないといけないのです

名刺ケースそう思われたくないのであれば、名刺の枠からはみ出さないようにしましょう。どういうことかといいますと、奇抜な形や大きさにはせず、ビジネス用の名刺をベースに制作するということです。これですと名刺ケースに入りますので、相手が受け取りやすくなります。こちらの発想は枠に入り不自由になりますが、相手の気持ちを考えるという、人付き合いにおいては非常に重要なことなのです。ではハガキ大の名刺が使えないかという、まったく使えないというわけではありません。相手に渡す目的に使用するのではなく、プライベートではジョークグッズとしては使えますので完全に否定しているわけではありません。

この意見を必ずしも参考にしなくてはいけないかというと、それもまた“自由”です。プライベートというのはそれだけ自由であり、選択権はあなたにあるのです。

 

女性に喜ばれる就職祝いのプレゼントとは?

新社会人になる家族や兄弟、恋人への就職祝いのプレゼントになにを贈ったらよいか、悩んでいる人も多いでしょう。自分が社会人になったことがあれば考えやすいかもしれませんが、できれば本人に喜んでもらえるような気の利いたアイテムを贈りたいですね。どのようなプレゼントがいいのか、思い浮かべてみましょう。

まずは名刺入れ。企業に勤めるならば、必ず自分の名刺を作ります。取引先の人と初めて会うと、その場で自分と相手の名刺を交換しますので、常に数枚持ち歩くことができる名刺入れが喜ばれます。女性ならば好みのブランドのものや、上品でしっかりした革製のものだとよいでしょう。収納ポケットが多く、機能性の高い名刺入れも気に入ってもらえるはずです。

次に、時計です。社会人になれば常に時間を意識して行動しなければなりませんから、腕時計を身に着けておきたいですね。すでに腕時計を持っていたとしても、仕事用とプライベート用で使い分けている人も多いですから、プレゼントとして贈っても実用的でしょう。勤め先の服装がスーツなのか、私服OKなのかをあらかじめチェックしておくと、よりぴったりなプレゼントを選べそうですね。

最後に、ボールペン。小物のひとつひとつもこだわったものを使っていると、印象がよく見えるものです。アクセサリーとは違って、ボールペンならばサイズを気にせず用意することができますので、プレゼントとして選びやすいのも特徴です。文字を書きやすくてデザインのよい、ちょっと高めのボールペンを就職祝いのプレゼントとして贈る人も多いです。

 

自分で名刺印刷をする

最近は お店で 名刺印刷用の用紙が買える様になり うちでは フラダンスのインストラクターをしている祖母の名刺を 自分たちで 印刷するようになりました。以前は 印刷業者におねがいしていたようだけれど パソコンできちんと作れば プロ並みのものが 作成できてしまうし 一度データを作成して 保存してしまえば 何度でも 同じ名刺を作ることができるので 自分で 用紙を買ってきて 自宅で プリンターで印刷するようになりました。おかげで 祖母が 自分の名刺の残りが とても少なくなってしまっても すぐに 印刷してあげられるし 毎年 どれくらい必要かが分かれば 年末に 時間があるときにでも どっさり作って おいてあげられるので とても便利です。

インクと用紙代なんて たいした金額ではないし 変更が必要であれば いつでも 変更できるので 最低限のパソコンのスキルがあれば 誰でもできる作業であると思います。今度は 私の主人の個人名刺を作ろうと考えています。自分の好きなデザインで 好きな言葉などを入れて 好きなように作ってあげたいです。