名刺の中身

大きさが選定できたとして、次は名刺の中身です。プライベートですので書体や写真、オリジナルのマークやイラストを入れるのも自由です。ただ前項の受け取る相手のことを考えると、読みにくい自体や色は避けたほうが無難だといえます。

しろくま名前や情報などを名刺に印刷するのですが、個人情報の類は少々考えなくてはいけません。それすら自由なのですが、個人情報は流出し過ぎると危険なものがあります。プライベート用ですので何を印刷しようと自由ですが、情報流出の恐怖と背中合わせなのです。一番無難なのは名前(場合によってはハンドルネーム)と捨てアドのみの名刺でしょう。これですと情報流出は少ないですし、捨てアドですと変えれば良いだけです。ですがこれだけですとあまりに情報が少なく、警戒していることがバレバレになってしまいます。そこで準備しておきたいのが、複数の名刺です。

無関係に近いような人は先に示したような名刺を使用するのですが、SNSを通じて知り合った人や友人関係などはもう少し情報を載せた名刺を準備しておきましょう。ただここで注意しておかないといけないのは、同じ場所で違う名刺を使い分けることです。他の人と違った名刺をもらうということは差をつけられることです。よけいなトラブルに発展しかねませんので、同じ場所で配るときには違う名刺を使うのはやめておきましょう。

 

名刺は相手に自分がどういう人間かを伝えるものです。

人は生きていく上で一人で生きていくことはできません。必ず他の人と付き合っていかなければいきていけません。人生には常に出会いというものがあります。そして初めての人と出会う時はお互いまだどういう人間かを知りません。そして小学校、中学校、高校などの学生時代はまだお互い話して知り合いになって気が合うようになってくrと友人になるでしょう。

しかし社会に出て働くようになってからは、単純に話して知り合うという訳には生きません。特に会社に勤務しているときにその会社の取引先の担当者やお客様などに初めて会う時は自分がどういう人間であるかを知らせるためには名刺を交換してあいさつします。そして名刺とはその人はどのような人なのかを簡単に記載したもので、その人の名前、勤務先の住所、社名、電話番号、FAX番号、会社のホームページのアドレス、その人の役職やその会社の事業内容が記載された小さい紙です。そして名刺交換することによって相手に対し、自己紹介ができ、また自分がどういう人間であるかを伝えることができるでしょう。

 

名刺の保管は大切にしよう

私の旦那は製造業なので、あまり名刺とは縁がないのですが、その成果もあり名刺の管理が出来ていませんでした。しかし年に何回か展示会や会社に訪問することがあります。その度に前お会いした方の名前を忘れているので、名刺を探したりしています。あと電話で情報交換することがあるので名刺を保管することにしています。実際には写真を保管するときに使う本みたいのが、百円ショップに売っているので、あったその日と会社名を記入して保管するようにしてからは探すことがなくなりました。

意外と多くの人が名刺などを使う機会がないと思うのですが、意外と連絡をとることが多くしっかり保管しといたほうが使う機会も自然と増えてくると思うので、仕事を頑張ってもらう為にもこういった小さいことからもしっかり出来るように保管なども手伝うようにしています。その成果もあり会社から帰って来てからも問題解決の為に勉強したりしています。そのためどうしても分からない事があった時に連絡をとるようにしています。