名刺の中身

大きさが選定できたとして、次は名刺の中身です。プライベートですので書体や写真、オリジナルのマークやイラストを入れるのも自由です。ただ前項の受け取る相手のことを考えると、読みにくい自体や色は避けたほうが無難だといえます。

しろくま名前や情報などを名刺に印刷するのですが、個人情報の類は少々考えなくてはいけません。それすら自由なのですが、個人情報は流出し過ぎると危険なものがあります。プライベート用ですので何を印刷しようと自由ですが、情報流出の恐怖と背中合わせなのです。一番無難なのは名前(場合によってはハンドルネーム)と捨てアドのみの名刺でしょう。これですと情報流出は少ないですし、捨てアドですと変えれば良いだけです。ですがこれだけですとあまりに情報が少なく、警戒していることがバレバレになってしまいます。そこで準備しておきたいのが、複数の名刺です。

無関係に近いような人は先に示したような名刺を使用するのですが、SNSを通じて知り合った人や友人関係などはもう少し情報を載せた名刺を準備しておきましょう。ただここで注意しておかないといけないのは、同じ場所で違う名刺を使い分けることです。他の人と違った名刺をもらうということは差をつけられることです。よけいなトラブルに発展しかねませんので、同じ場所で配るときには違う名刺を使うのはやめておきましょう。

 

名刺は相手に自分がどういう人間かを伝えるものです。

人は生きていく上で一人で生きていくことはできません。必ず他の人と付き合っていかなければいきていけません。人生には常に出会いというものがあります。そして初めての人と出会う時はお互いまだどういう人間かを知りません。そして小学校、中学校、高校などの学生時代はまだお互い話して知り合いになって気が合うようになってくrと友人になるでしょう。

しかし社会に出て働くようになってからは、単純に話して知り合うという訳には生きません。特に会社に勤務しているときにその会社の取引先の担当者やお客様などに初めて会う時は自分がどういう人間であるかを知らせるためには名刺を交換してあいさつします。そして名刺とはその人はどのような人なのかを簡単に記載したもので、その人の名前、勤務先の住所、社名、電話番号、FAX番号、会社のホームページのアドレス、その人の役職やその会社の事業内容が記載された小さい紙です。そして名刺交換することによって相手に対し、自己紹介ができ、また自分がどういう人間であるかを伝えることができるでしょう。

 

名刺の保管は大切にしよう

私の旦那は製造業なので、あまり名刺とは縁がないのですが、その成果もあり名刺の管理が出来ていませんでした。しかし年に何回か展示会や会社に訪問することがあります。その度に前お会いした方の名前を忘れているので、名刺を探したりしています。あと電話で情報交換することがあるので名刺を保管することにしています。実際には写真を保管するときに使う本みたいのが、百円ショップに売っているので、あったその日と会社名を記入して保管するようにしてからは探すことがなくなりました。

意外と多くの人が名刺などを使う機会がないと思うのですが、意外と連絡をとることが多くしっかり保管しといたほうが使う機会も自然と増えてくると思うので、仕事を頑張ってもらう為にもこういった小さいことからもしっかり出来るように保管なども手伝うようにしています。その成果もあり会社から帰って来てからも問題解決の為に勉強したりしています。そのためどうしても分からない事があった時に連絡をとるようにしています。

 

 

 

 

 

大きさ

自由を強調してきましたが、自由というのは相手がどのように受け取るのか、そしてどう考えるのか、それさえも自由です。たとえ相手がその名刺を受取って迷惑に思い嫌われようと、機嫌を損ねようとそれさえも自由ということです。自由な発想というのは、相手からどのように思われようとそれを覚悟(もしくは気にしない)しておかないといけないのです

名刺ケースそう思われたくないのであれば、名刺の枠からはみ出さないようにしましょう。どういうことかといいますと、奇抜な形や大きさにはせず、ビジネス用の名刺をベースに制作するということです。これですと名刺ケースに入りますので、相手が受け取りやすくなります。こちらの発想は枠に入り不自由になりますが、相手の気持ちを考えるという、人付き合いにおいては非常に重要なことなのです。ではハガキ大の名刺が使えないかという、まったく使えないというわけではありません。相手に渡す目的に使用するのではなく、プライベートではジョークグッズとしては使えますので完全に否定しているわけではありません。

この意見を必ずしも参考にしなくてはいけないかというと、それもまた“自由”です。プライベートというのはそれだけ自由であり、選択権はあなたにあるのです。

 

女性に喜ばれる就職祝いのプレゼントとは?

新社会人になる家族や兄弟、恋人への就職祝いのプレゼントになにを贈ったらよいか、悩んでいる人も多いでしょう。自分が社会人になったことがあれば考えやすいかもしれませんが、できれば本人に喜んでもらえるような気の利いたアイテムを贈りたいですね。どのようなプレゼントがいいのか、思い浮かべてみましょう。

まずは名刺入れ。企業に勤めるならば、必ず自分の名刺を作ります。取引先の人と初めて会うと、その場で自分と相手の名刺を交換しますので、常に数枚持ち歩くことができる名刺入れが喜ばれます。女性ならば好みのブランドのものや、上品でしっかりした革製のものだとよいでしょう。収納ポケットが多く、機能性の高い名刺入れも気に入ってもらえるはずです。

次に、時計です。社会人になれば常に時間を意識して行動しなければなりませんから、腕時計を身に着けておきたいですね。すでに腕時計を持っていたとしても、仕事用とプライベート用で使い分けている人も多いですから、プレゼントとして贈っても実用的でしょう。勤め先の服装がスーツなのか、私服OKなのかをあらかじめチェックしておくと、よりぴったりなプレゼントを選べそうですね。

最後に、ボールペン。小物のひとつひとつもこだわったものを使っていると、印象がよく見えるものです。アクセサリーとは違って、ボールペンならばサイズを気にせず用意することができますので、プレゼントとして選びやすいのも特徴です。文字を書きやすくてデザインのよい、ちょっと高めのボールペンを就職祝いのプレゼントとして贈る人も多いです。

 

自分で名刺印刷をする

最近は お店で 名刺印刷用の用紙が買える様になり うちでは フラダンスのインストラクターをしている祖母の名刺を 自分たちで 印刷するようになりました。以前は 印刷業者におねがいしていたようだけれど パソコンできちんと作れば プロ並みのものが 作成できてしまうし 一度データを作成して 保存してしまえば 何度でも 同じ名刺を作ることができるので 自分で 用紙を買ってきて 自宅で プリンターで印刷するようになりました。おかげで 祖母が 自分の名刺の残りが とても少なくなってしまっても すぐに 印刷してあげられるし 毎年 どれくらい必要かが分かれば 年末に 時間があるときにでも どっさり作って おいてあげられるので とても便利です。

インクと用紙代なんて たいした金額ではないし 変更が必要であれば いつでも 変更できるので 最低限のパソコンのスキルがあれば 誰でもできる作業であると思います。今度は 私の主人の個人名刺を作ろうと考えています。自分の好きなデザインで 好きな言葉などを入れて 好きなように作ってあげたいです。

 

 

自由という枠

前項で自由という抽象的な表現を示しましたが、名刺の枠を表現するにはこれはかなり重要なことなのです。我々一般の発想では名刺となると、名刺の枠を超えることはほとんどありません。自由だといわれてもせいぜいウケを狙ってハガキ程度の大きさまででしょう。ですが芸術家となるとどのようなものを作り出すか、凡人には検討がつきません。名刺でさえも芸術作品として作り出すかもしれないからです。

頭抱える男性プライベートの名刺ではありませんでしたが、名刺交換のさいに変わった名刺を受取ったことがあります。それは和紙でできた名刺でした。素材自体は珍しくありませんでしたが、その名刺は手漉きの和紙でした。紙の素人でも一目でわかりました。なぜならその和紙は縁取りせず繊維がバラバラの状態だったのです。この名刺、確かに印象には残ります。会社の名刺でしたので会社が推奨していたのですが、困ったのは名刺を仕舞うときです。縁がバラバラの繊維状態ですので、名刺入れに入りませんでした。もちろん名刺ホルダーにも整理できませんでした。会社自体が推奨している場合は、会社がこのようなリスクを覚悟で行っています。つまり大きさを通常と変えると、相手に迷惑をかける。迷惑な奴だと思われるリスクを背負う覚悟が必要なのです。

 

芸術家の名刺のデザインに思うこと

芸術家というものは、何処かの団体に属して仕事をする場合が多いが、それ以外にもフリーランスという形をとっている人も多くいます。つまり、雇い主がいつもおなじではないということです。仕事一つとってもご縁、といえるような要素が非常に強く、ある人と出会い、いい仕事をし、いい印象を持ってもらい、その次につなげていく、という生き方の繰り返しとも言えます。ともかく、ある人に出会う時には自分のことを忘れないで置いてもらう努力が必要なのです。色々方法はあるがひとつに、名刺を作って渡すという手段があります。

自分の名前、肩書きまたは専門、活動範囲などを相手に知らせることはもとより、更にこだわることで周りにいる誰とも違い、自分にしかない色というものを伝えることも可能です。何せ会社勤めの会社員とは違い、自分そのものを売り物にしているのです。自分を何かの影に隠すことなど不要で、むしろあってはいけません。デザインの工夫で自分のキャラクターやコンセプトを前に出して、あとから見た時に自分自身を思い出してもらえるようになるのが理想です。

 

高級ブランドエルメス

数あるブランドの中で、高級なブランドの代名詞と言えばやはりエルメスではないでしょうか。エルメスの商品を実際持っている訳ではないが、店や雑誌で情報を集めることである程度知っているつもりです。エルメスは革にこだわりがあり、色、素材などバリエーションが豊富です。女性のあこがれはやはりこのブランドの代表的なバッグのバーキンではないでしょうか。バッグ一つが100万円を超えることが当たり前なのがエルメスの世界です。一般の消費者にとって手の届かないブランドではあるが、小物なら持つことができます。

最近、初めて会社員になり、上司からバッグ名刺入れはいい物を持てと教わりました。そこで思い浮かんだのがエルメスです。品質の良い革に、シンプルなデザイン。エルメスの財布は、金持ち向けなのか実用的でないと思うものがあるが、名刺入れは良さそうです。ブランドイメージを前面に押し出した物とは違って、さりげなく良い物をアピールすることができそうです。

 

プライベート名刺は自由である

プライベート用の名刺は、自由です。どんな文字であろうと、何を記そうと、素材や形さえも自由です。大きさも気にする必要はありません。切手サイズであろうと、新聞紙の大きさであろうと、それは本人の自由なのです。では自由であるのならばなにをやってもいいかというと、答えは「良い」です。まさに自由の発想のまま、好きにやっていいのです。

男性プライベートの名刺というのは、まさに自由であり「お好きにどうぞ」の世界なのですが、自由というものをはき違えてはいけません。自由に思うがままに生きている人をみて、その生き方に憧れる人はいます。ですが実際にその生活をやってみようという人はほとんどいません。その理由は恐怖です。現在就職して働いている人のほとんどは、不自由さを感じ自由な生活に憧れるでしょう。ですが仕事を辞め、その生活ができるかということ答えはNOです。自由な生活というのは生活ができるか分かりませんし、将来の保障はありません。現在のしがらみや仕事の面倒からは抜け出したいが、生活できなくなる怖さがあるからやらないのです。

そして完全な自由というのは、ある一定のルール以上に縛りがあります。それはどこまでやっていいのかという枠すらないということです。限られた自由というのは、枠内での自由でありそれをはみ出すことはできません。ですが完全なる自由はその枠を超えていい、枠の概念がない世界なのです。そうなってしまうと発想すらことすら困難になってしまいます。そのため自分なりの枠組みを決めないといけないのです。ではプライベート名刺の枠というのは、どのようなものでしょうか?次の項からは名刺の枠というものに語っていきたいと思います。

関連情報…https://www.designmeishi.net/
プライベート名刺作成もしている"デザイン名刺.net”です。

 

名刺を使った印象に残る営業

名刺は私たちのビジネスは欠かせませんが、日本の場合はどうもその作法というものがいろいろ厳しいようですね。誰から渡すかとか何処に置くとか、相手が名刺をしまったら、自分もしまうとかですが外国ではほとんどがメールで済ませるそうで東洋だけが名刺を重視しているようですね。日本ではビジネスマンの服装でもスーツと決まっていますし名刺もそのひとつなのでしょう。私などは名刺もいろいろな形があっていいと思います。型にはめるのではなくて、自由な感じのものですね。カラフルだとか意表をつくものだとかの方が受け取っても印象に残りますし、何よりも楽しいです。

私も会社の経営をしていた時は、たくさんの名刺をもらいましたが、どれも同じようなもので、数百枚かに一枚ぐらい面白いものがありました。そのような時は私も注目しましたし、関連の商品を購入する時はそこから買いました。例えば紙ではなくて、木目のある本物の木で出来た名刺などもありましたが、一枚が結構高いものでしょう。そうすると紙の物より重みがありますね。また重要に見られているという感覚にもなります。やはりビジネスはそのような意識を引くアイテムも使わないと難しい世界でもありますね。

 

独自ドメインで個性を演出。

インターネットを利用していると、いろいろなドメインに出会います。いまではウェブサイトへの導線は検索サイトから始まることが一般的なのでアドレスを手入力する機会は少ないですが、それでも検索結果が表示された時は自然と目が行くものですし、ブラウザのアドレスバーに表示されるアドレスを見て、ここがトップページなのかどうかと判断することも多いです。

そんな時、ひと目で理解し難いようなドメインや、ページの内容とどう関係があるのか理解しにくいドメインに違和感を覚えることもたまにあります。自分のブログや企業のウェブサイトでも同様に、ある程度ドメインに対する注目度は高いと思います。無料サービスなどでは自由にドメインを選べませんが、独自ドメインを利用すれば好きなドメインを使うことが出来ますので、利用することをおすすめします。私も独自ドメインが利用できるブログサービスを使って毎日記事を書いています。名刺にもアドレスを載せていますが、これについてよく話題になり、会話のきっかけになることも多いです。ブログの内容や商品、サービスを連想させるようなドメインを見つけられれば個性の演出につながると思います。